COMPANY会社情報

ニーズを先取りした開発力と、一貫した自社製造体制で、より良い製品を・より安く・よりタイムリーに提供。

代表取締役社長 菅原 博

ご挨拶/ Greeting

当社は明治16年に、初代中村弥門次が銅屋(あかがねや)を創業し、製糸用カランを製造販売したことに始まります。大正中期になって近代水道が敷設されるに従い、水道用分水栓・止水栓・寒冷地用水抜き不凍栓の生産に携わるようになりました。

昭和40年には業界初の日本水道協会検査工場となり、JWWA規格品の普及につとめるとともに、当社オリジナル商品を数多く開発し、我が国水道事業の発展に貢献してまいりました。現在では次世代経営者層により、「NEXT NIPPOビジョン」と称し、夢のある企業を目指した、様々な取り組みを行っております。

「技術の日邦バルブ」を自負する当社の基本姿勢は、ニーズを先取りする開発力の重視と、素材から製品までの一貫した自社製造体制にあります。平成15年には鉛の新浸出基準をクリアした鉛レス青銅合金「セイフアロイ」を業界に先駆け開発し、人に優しく環境に配慮した素材として全ての製品に使用されています。

ライフスタイルの変化に対応しながら新しいバルブの開発に努め、水道界へのボールバルブの導入や安全・安心を確保する逆流防止器具の普及、ユニバーサルデザインとして評価の高い「イマジナ」や遠隔自動不凍栓「コーラーズ」の開発、高層住宅における新給水システムの提案など常に挑戦の歴史を重ね、また欧米との技術提携による漏水防止用金具の普及など製品分野はより多彩に、より豊かに広がっております。

松本工場と北海道工場を生産拠点に「より良い製品を・より安く・よりタイムリーに」を常に追い求め、多品種少量生産の即納態勢を確立して、全国の水道事業に供給しております。

「お客様が使ってくれるから造れます」を理念にISO9001の認証を取得し、高品質でお客様に満足していただける商品の提供に努めております。また、「水に感謝し、地球環境に感謝する」を理念にISO14001の認証を取得し、地球環境への負荷を低減し、地球環境の保全に積極的に貢献してゆきます。

一方、社員が安全で安心して働ける職場を目指し、労働安全衛生マネジメントシステム「OSHMS」を確立し運用しております。

時代の流れを、しなやかに感じ取る。目標に向かって、ダイナミックに動く。

日邦バルブはこれからも積極果敢なチャレンジを続けてまいります。

株式会社 日邦バルブ 代表取締役社長

菅原 博