PRODUCT製品情報

メータバイパスユニット MBU

製品の特長

  • メータ引き換え時は、流路切換弁を操作し、バイパス通水となりますので、断水せずに作業が行えます。また、流路切替操作中も下流側給水に影響を及ぼしません。
  • バイパス管内の水はパイロット管からの流れにより、停滞水とはなりません。
  • 弁類・継手類の主要材料は鉛レス青銅鋳物、バイパス管はステンレスを使用しており、耐食性に優れます。
  • 弁類・継手類と配管がメータます底部に固定されており、前後の管接続だけの作業となり、手間が省けます。
  • メータますは、熱硬化性樹脂(PDCPD)製、蓋は保温材付のダクタイル鋳鉄製で、強度・耐久性を十分確保した上で大幅に軽量化されました。
  • 蓋には検針用小窓が付いており、検針作業が容易に行えます。
  • ますには、隔測装置用配線のための穴を備えています。

仕様

  • 使用流体:水道水(常温)
  • 使用圧力:0.75MPa以下

認証登録

  • 認証機関:(公社)日本水道協会 品質認証センター
  • 適合性能:耐圧・浸出・逆流防止(逆止弁付のみ該当)
  • 認証番号:M-245(呼び径25~50)、M-282(呼び径75)、M-291(逆止弁付)

メータバイパスユニット MBU-S

  • メータ脱着機構は、工具を使わずに、ハンドルを手で回転させて伸縮部をメータに圧着させ、組み込んであるOリングで止水します。(パッキンは使用しません)
  • 呼び径50・75は、強化枠付を用意しており、更に強度アップがはかれる他、傾斜地対応(勾配 5°以内)や嵩上げ(9cm以内)が可能です。

MBU-Sのカタログはこちらから

メータバイパスユニット MBU-S-N

  • メータ脱着機構は、呼び径25・30・40・50Nがユニオンナット、50Fがフランジ式で、何れも伸縮機構付のパッキンを使用した締付け方式となっています。
  • 呼び径30・40・50N・50Fは、強化枠付を用意しており、更に強度アップがはかれる他、傾斜地対応(勾配 5°以内)や嵩上げ(9cm以内)が可能です。
  • メータ二次側に逆止弁付を用意しており、逆止弁は不断水で交換・清掃が容易に行えます。又、MBU設置後も逆止弁が装着できます。

MBU-S-Nのカタログはこちらから

メータバイパスユニット MBU-H / MBU-N-H

  • メータ脱着機構は、工具を使わずに、ハンドルを手で回転させて組み込んであるOリングで止水する圧着方式(MBU-H)と、伸縮機構付でユニオンナットまたはフランジによるパッキンを使用した締付け方式(MBU-N-H)の2種類があります。
  • 準寒冷地等の深い埋設深度への対応として、保温材付のステンレス製継足し枠と、中間蓋(保温材)により断熱室を設け、下層(メータ室)と上層(断熱室)からなる二重構造にすることで、保温性を高めています。尚、埋設深度600㎜用では、大きめのボックスを設定し、足をボックス内に入れてメータ交換等の作業が行える構造となっています。

MBU-H / MBU-N-Hのカタログはこちらから